これからの日本に求められる医師のあるべき姿

皆さんは今までの人生の中で、病院にかかったことはありますか?

ほとんどの方が、何らかの症状でお医者さんに見てもらった経験があるのではないかと思います。

一般的に「お医者さん」と呼ばれている医師には、
病院で患者を診る臨床医と研究所などに勤務する研究医がいます。
また、臨床医にも病院に勤務する勤務医と自分で病院を経営している開業医がいます。

最近は全国的に医師が不足していると言われていますが、
良い医師というのも全般的に少なくなってきているようです。

時々、診察室で目も合わさずに、カルテやモニターしか見ないで一方的に話す医師がいます。

現在は医療機器の進歩によって、
検査データさえ見れば病気の事が分かる時代なのかもしれません。

しかし、いくら知識や経験がある医師でも、患者自身の事を見ていないのは良くないでしょう。

昔の医師は、身体に触れて触診したり、目や皮膚の色を見て診断したりしたものです。

もちろん医学の発達に合わせて色々な勉強をしたり、新しい医療機器を扱うことも大切ですが、
医師は病気になった患者の不安な内面を癒すことも忘れてはいけないと思います。

私の知人も、医師から「この病気は完全には治らないですよ。一生薬を飲まなくてはいけないです。」と言われてショックを受けたことがありました。
(結局、知人も数年後には完治したのですが…。)

このように苦しんでいる患者の苦痛を取り除かないばかりか、逆に傷つけてしまう医師がいます。
患者の立場からすると、話をちゃんと聞いてくれる医師には安心感も抱きますね。

やはり良い医師というのは、患者さんの病状について詳しく説明してくれたり、
これからの治癒の見通しや、処方される薬についても話してくれるような医師です。

今の医師はプライドの塊のような方もいて、
セカンドオピニオンや他院への紹介状を書くのを嫌がる場合もあります。

何事も臨機応変に対応してくれたり、
患者の病気の事を一番に考えてくれて他院の紹介や転院などをしてくれる医師は素晴らしいと思います。

医師不足が深刻だと言われている日本ですが、
これからは医学の正しい知識と共に、患者の立場になって治癒を考えてくれるような医師が必要になるでしょう。

そうは言っても医者になるのは大変なのですよ。

様々な職業があるのですが、医者も人気が高い職業です。

自分はなれないな。

まずは、数学がまったくできません。

数学ができなかったら、医者にはなれないのだ!

無理だ。

その他にも、科学とか物理とかまったく意味不明ですから、できません。

医者の頭の中は、どんな感じになっているでしょうか?

医者は血を見なくてはならないので、そのことも自分はいやだなと思うのです。

血を見たら、怖い!

死体とか様々なものを見なくてはならないのにも気が重いです。

医者は大変かも。

責任感が必要です。

医療事故もあるので、簡単ではありません。

よく考えたら、リスキーです。

自分はのんきな仕事をしていますから、医者は無理だな。

医者になったら、女にはモテそう。

看護師とかホステスとか芸能人とか。

その辺は、うらやましいかな~~~。

医者になるためには、子供の時から頭がよくないとね。

自分のようにぼんやりしていたらダメか!

医者は頭がよくないと、なれないからね。

これからは、日本もどんどん高齢化社会になるので医者が重要なものになるのでしょう。

じいさん・ばあさんになったら、みんな医者に行くから。

どこの医者も混んでいます。

儲かっているのかな?

金のことだけ考えたら、医者はいいけれどもその分忙しそう。

夜中でも、手術とか急患とか寝ている時間もないかも。

自分は楽な時間を過ごしていきたいので、医者になるのは厳しいかな?

医者になったら人生安泰でしょうが、その分ストレスや嫌なこともたくさんありそうです。

気楽で、金が儲かって、楽な仕事なんかそんなにはたくさんない!

というのが、実際のところかもしれません。

”女医”というだけでなぜかウケる・・・芸能界にもいますよね。

女医さんは今はどこにもいるので、そんなには珍しくなくなったのに特別な感じがします。

芸能界にもいますよね。

西川史子とか、友利新とか。

ただの女医ではなくて、キレイでないとね。

デブやブスでは価値がないのです。

付加価値のある女医です。

西川センセイも友利センセイもまともに働いているのかな?

タレントになっています。

西川センセイは親も医者だから。

子供の時から、医者になれ!

といわれていたらしいです。

だから、あんな性格になったのかな?

親が医者だったら、子供も孫もという感じになっていくものです。

一族、みんな医者だ。

なんか、怖いな~~。

医者はいい生活できるのかな?

給料がいいのか。

医者は芸能人の女が好きですよね。

荒川静香も先日結婚しましたが、相手は医者です。

アナウンサーも医者が好きだな。

中野美奈子も旦那は医者だ。

中野美奈子は実家も香川県で医者だから。

泉ピン子も旦那は医者だ。

検査で、泉ピン子からナンパしたんだってさ。

結構有名な医者で、テレビにも出てきます。

金持ちだから、芸能人も医者が好きなんでしょう。

あなたも医者と結婚したい?

女医さんは、どんな性格なのかな?

気が強そう。

男なんか、いらないのではないでしょうか?

自分で稼げるから。

女医さんも子供が欲しいので、結婚したくなるみたい。

自分が病気になったら、女医はいやだな。

なんか怖い。

やはり、男の方が気を使わない気がします。

美人な女医だったら、診察してもらうのにも気を使ってしまうような感じがします。

男でも女でも腕がよかったら関係ないのかな?

男性の医者の方が安心感あります。

おじさんの医者の方が、いい先生のようなイメージを持っています。

樹木希林の癌細胞が一部消滅したって本当!?

内田裕也の奥様の樹木希林ですが、全身ガンにかかっています。

樹木希林の癌細胞が一部消滅したって本当!?

よく分からんな^^^

あの人だったら、ガンから逃げていきそうです。

最近は、ガンになっても治ります。

鳥越俊太郎とか山田邦子とか回復しています。

石坂浩二もそうか!

つんく♂さんやサザンの桑田さんもガンになったけれども、生きているね。

ガンも早く発見して、治療をすればいいのか!

早期発見、早期治療が大事です。

病院に行くのはこわいな~、

自分は医者が好きではないから、行きたくない。

健康診断もやっていないので、このままだったら病気になってしまうかもしれません。

キミは、健康診断やっていますか?

ガンが治るようになっても、なくなる方もいますからまだ怖いよ。

そんな気持ちでは、手遅れになってしまうかも。

友人は35才で、肺がんになったのです。

たぶん、タバコをたくさん吸うからだと思うのですが、彼のことを見ていたらなんか気が重いな。

自分もたくさんタバコを吸うので、肺がんになってしまうのかな~~~??

タバコはやめなくてはならないのでしょうが、難しいです。

タバコや酒や肥満はガンにはよくないのです。

この先も、病気にはなりたくない!

樹木希林の癌細胞が一部消滅したって本当なのかな?

どうしたら、そんな奇跡みたいなことになるのかな?

まあ、運命かもしれません。

タバコを吸ってもガンにならないやつもいますから、体のことなんか運命で大きく左右されているのでしょう。

自分もガンにならない運命だったらいいなと思うのですが、先のことなんかよく分からない。

ケ・セラセラ!

開き直って、たくましく生きていこう。

とはいっても、

「あなたはガンです!」

と言われたらショックです。

私が考える、これからの時代に必要な医療

高齢化社会になったので、長生きできますが、意識がないのに生きていても悲惨です。

みんな、元気で長生きできたらいいですね。

医者は金がかかるので、その辺も大変です。

長く、病にはならないでいたいね。

医者のお金がなくなったら、どうなってしまうのかな?

医療費はバカにはならないから。

自分は先のことで考えたこともないけれども、金がかかったらどうしたらいいのかな?

保険にも入らなくてはならないのかもしれません。

医者に行くのにも、お金がかかる。

自分の親も今は健康ですが、やがては病気になるでしょう。

そうなったら、どうなるかな?

何か、不安な気持ちです。

親はいくつになっても、元気者のイメージですがそうはいかないから。

やがては、老いるから。

切ないね。

お金のことは、どうしたらいいのか考えておこう。

キミは、医療費の問題とか考えたことがあるのでしょうか?

自分や親が病気にはなっていなかったら、医療費の問題とか考えた経験もないかもしれません。

どなたでも時間がたったら確実に老けてしまうので、医療費のことを考えていかなくてはいけないでしょう。

なんだかんだ言って重要になるのは、お金というのも嫌な話ですが、仕方がないことかもしれません。

できたら、お金がかからないで病気の治療ができたらいいなと思うのですが、そんないい時代になるのかな?

人間は、きれいごとだけでは生きていかれません。

みんなが病気になる時代になったので、医療費とか様々なことが気になってしまうものです。

医療費で、何万円とか何百万円とかかかってしまったら、どうしたらいいのでしょう?

豊かな人ばかりではないので、どうしたら少ない金額で医療が受けられるのか、考えておかなくてはならないでしょう。

医者の平均年収は1,144万円らしいです。

医者と言ったら、すごく儲かるイメージです。

医者はモテるのかな?

医者の平均年収は1,144万円らしいです。

こんなに高い金額を稼げるのは、政治家・弁護士くらいかな?

金持ちになりたかったら、医者がいいのかな?

医者はなるのにも金がかかるし。

親が医者だったら、簡単になれるのかもしれません。

まあ、自分には縁がない話ですが。

金がたくさん稼げる職業はハードです。

自分の時間がないよね。

手術や検査や様々なことで忙しいから。

夜勤や当直で生活がぼろぼろになってしまう人もいますから。

簡単なことではないでしょう。

医者の平均年収は1,144万円ですが、その分働かなくてはならないから大変だ!

どんな職業でも、楽に金を稼ぐことは難しいね。

友人は、頭がいいので医者になろう!

とか、昔は言っていましたが、今はそんな気持ちもなくなったみたいです。

責任が大きな仕事はやりたくないみたい。

できたら、責任感が少ない仕事をやりたいらしいです。

医者になったら、ほかの人の命を救うこともできますから、やりがいのあるいい仕事なのでしょう。

様々な人が医者になりたいみたい。

自分は考えたことないな!

自分はあまり金が稼げなくてもいいので、楽に穏やかな生活が欲しいのです。

自分の趣味の時間もないような忙しい医者にはなりたくありません。

キミは、いかがでしょうか?

医者になれたら、やってみたいですか?

それとも、もう少し楽で負担がかからない仕事の方がいいと思うのでしょうか?

仕事やお金の考え方は様々なものがあるので一概には言えないかもしれません。

医者になったら金以外にもやりがいとか名誉とか様々なものを手に入れられますから。

おいしい職業であることには、違いがないのではないでしょうか?

医者の言うことをすべて信じるのは危険です。

これだけ医学がすすんできたら、様々なものの考え方があるものです。

医者にもいろいろな意見があるものです。

テレビに出てくる医者でも、いろいろなことを言うので、何を信じたらいいのかが分からない!

と思う人もいるのではないでしょうか?

医者の言う意見でも健康にはよくないものもあるので、信じる時には注意をしなくてはならないかもしれません。

例えば、食べ物でも何を食べたら健康にはいいのかという話も各種あるのです。

そういったものも、医者の情報は鵜呑みにはしない方がいいです。

すべて、医者の言うことを信じていたら、体がおかしくなることも考えられます。

食べ物は自分にあうとかあわないとかがあるので、注意をしなくてはならないのです。

人間には体質があるので、他の人には効果が高い物でも別の人がやったら、効果がなかったり逆効果になってしまうことも考えられます。

自分がなんかの健康法や美容法を始める時には、あなたにあった方法でやってください。

これからは、どんなことをやっていくにも、自分で選ばなくてはならないのです。

1つ1つこの方法は、自分にあっているのかなと考えながら、やっていくことをおすすめします。

私の友人はテレビで見た情報を何でも鵜呑みにしてしまう子もいますが、そんなことでは健康効果を高めることはできなくなってしまいます。

人間は生きているので、1人1人体調も違うしさまざまに体は変化していくものですから、早く自分にあったいい方法を見つけたくなります。

私もどんな方法が自分にあっているのかがよく分からないので、自分に合う方法を発見したいです。

何千種類もの健康法があるので、その中から何をやったらいいのか見つけるのは簡単ではないですよね。

先日行った耳鼻科の診療にちょっと幻滅・・・

今の時代、医療がなければ人間はまともに生きていくことはできないですよね。

先日、テレビを見ていたら無人島に一人で暮らす日本人の特集をやっていましたがそういう人は別とします。

ですが、ここでちょっと考え直してもらいたいのが医師のモラルというものです。

「お医者さんは偉い!」

「お医者さんの言うことをちゃんと聞きなさい!」

って今の親でもよく言うようですが、これってちょっと疑問に感じたりします。私個人的になのですが。

というのも、先日ちょっと耳の調子がよくなくて耳鼻科に行ってきたんです。

耳の調子がよくないというのは、実は耳がゴソゴソ音をたてていたから。
よくやっちゃうんですよね。耳垢が耳の鼓膜にのってしまって、ものをかんだら耳の奥のほうでゴソゴソと音がでることがよくあるんですよ。

(耳のイジりすぎはよくありません。)

で、

そこでちょっと疑問になる出来事があったのでご紹介しておきたいと思います。

私の施術はいたってかんたん。医療用の掃除機のようなもので、
鼓膜の上に乗ってしまった耳垢を吸い取るだけの処理だったのです。

処理が終わって、これで大丈夫です。ご安心下さい、

ってなったときに医師から言われた言葉が印象的でした。

「えっとー薬は出さなくてよかったんだけ?」

・・・

この一言で幻滅。

薬なんて必要ないし、施術が終わってあとは帰宅するだけになって
言われたことが薬はいらないんだっけ?

ですからね?

そういうことかあ・・・薬を出せば病院は儲かる。患者は薬代全額を払うわけではないですからね。薬の本来の価格の何割かは医師にバックされる仕組みができているのです。

 

薄毛治療に保険を適用すべきかすべきでないか?

近年は、薄毛や抜け毛が気になって育毛治療を行っている方も多いようですね。

薄毛にも種類があって、男性型脱毛症の他に円形脱毛症、薬の副作用やホルモンの異常、栄養不良や精神的ストレスなど様々です。

この中で、円形脱毛症などについては治療に保険が適用されるようですが、
男性型脱毛症だけは保険適用になりません。

男性の薄毛の大半が、男性型脱毛症なので保険適用外であるのは苦しいですね。
男性型脱毛症の治療は、プロペシアやミノキシジルなどの薬剤を使用すること多く、
これらの治療薬は、どれも保険が適用されないために負担額が100%となって、1ヶ月で約1万円程になります。
だから、薄毛で悩んでいる方の中には、個人輸入によって医薬品を安く購入している方もいます。

男性型脱毛症は、厚生労働省が定めている医療保険が適応される病気でないので仕方ないのです。
つまり、治療しなければ健康に支障が出る病気でなく、
美容外科のような分野だと思われているわけです。

現在の日本の医療費が増加しつつあるので、財政的に見ても、男性型脱毛症が保険適用になる可能性は低いでしょう。
しかし、薄毛治療において、保険を適用すべきでないかと思っている人はたくさんいます。

男性ホルモンが原因であれば、病気とみなしても良いような気もするのですが…そういうわけにもいかないようです。

例えばプロペシアは、男性には効果的な薬であっても、
妊婦さんにとっては大変危険な薬になると言われているのです。
そういった事も、薄毛治療の薬が公に認められない原因なのかもしれません。

また、薬を開発するためにかなりの費用をかけているという事情も、
関係しているのではないかと思います。

日本全国どこにおいても、薄毛治療には保険が適用しないので、
当然「植毛」や「ハーグ療法」のような育毛法も保険は適応されません。

もし、このような薄毛治療に保険が適用されるようになったら、
恐らく金銭的な問題で悩んでいる方が治療を受けれるようになって、
この世からハゲと呼ばれる人が少なくなるのではないでしょうか。