薄毛治療に保険を適用すべきかすべきでないか?

近年は、薄毛や抜け毛が気になって育毛治療を行っている方も多いようですね。

薄毛にも種類があって、男性型脱毛症の他に円形脱毛症、薬の副作用やホルモンの異常、栄養不良や精神的ストレスなど様々です。

この中で、円形脱毛症などについては治療に保険が適用されるようですが、
男性型脱毛症だけは保険適用になりません。

男性の薄毛の大半が、男性型脱毛症なので保険適用外であるのは苦しいですね。
男性型脱毛症の治療は、プロペシアやミノキシジルなどの薬剤を使用すること多く、
これらの治療薬は、どれも保険が適用されないために負担額が100%となって、1ヶ月で約1万円程になります。
だから、薄毛で悩んでいる方の中には、個人輸入によって医薬品を安く購入している方もいます。

男性型脱毛症は、厚生労働省が定めている医療保険が適応される病気でないので仕方ないのです。
つまり、治療しなければ健康に支障が出る病気でなく、
美容外科のような分野だと思われているわけです。

現在の日本の医療費が増加しつつあるので、財政的に見ても、男性型脱毛症が保険適用になる可能性は低いでしょう。
しかし、薄毛治療において、保険を適用すべきでないかと思っている人はたくさんいます。

男性ホルモンが原因であれば、病気とみなしても良いような気もするのですが…そういうわけにもいかないようです。

例えばプロペシアは、男性には効果的な薬であっても、
妊婦さんにとっては大変危険な薬になると言われているのです。
そういった事も、薄毛治療の薬が公に認められない原因なのかもしれません。

また、薬を開発するためにかなりの費用をかけているという事情も、
関係しているのではないかと思います。

日本全国どこにおいても、薄毛治療には保険が適用しないので、
当然「植毛」や「ハーグ療法」のような育毛法も保険は適応されません。

もし、このような薄毛治療に保険が適用されるようになったら、
恐らく金銭的な問題で悩んでいる方が治療を受けれるようになって、
この世からハゲと呼ばれる人が少なくなるのではないでしょうか。