先日行った耳鼻科の診療にちょっと幻滅・・・

今の時代、医療がなければ人間はまともに生きていくことはできないですよね。

先日、テレビを見ていたら無人島に一人で暮らす日本人の特集をやっていましたがそういう人は別とします。

ですが、ここでちょっと考え直してもらいたいのが医師のモラルというものです。

「お医者さんは偉い!」

「お医者さんの言うことをちゃんと聞きなさい!」

って今の親でもよく言うようですが、これってちょっと疑問に感じたりします。私個人的になのですが。

というのも、先日ちょっと耳の調子がよくなくて耳鼻科に行ってきたんです。

耳の調子がよくないというのは、実は耳がゴソゴソ音をたてていたから。
よくやっちゃうんですよね。耳垢が耳の鼓膜にのってしまって、ものをかんだら耳の奥のほうでゴソゴソと音がでることがよくあるんですよ。

(耳のイジりすぎはよくありません。)

で、

そこでちょっと疑問になる出来事があったのでご紹介しておきたいと思います。

私の施術はいたってかんたん。医療用の掃除機のようなもので、
鼓膜の上に乗ってしまった耳垢を吸い取るだけの処理だったのです。

処理が終わって、これで大丈夫です。ご安心下さい、

ってなったときに医師から言われた言葉が印象的でした。

「えっとー薬は出さなくてよかったんだけ?」

・・・

この一言で幻滅。

薬なんて必要ないし、施術が終わってあとは帰宅するだけになって
言われたことが薬はいらないんだっけ?

ですからね?

そういうことかあ・・・薬を出せば病院は儲かる。患者は薬代全額を払うわけではないですからね。薬の本来の価格の何割かは医師にバックされる仕組みができているのです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>